海外赴任で引っ越しをする時に注意することは?

日本国内での引っ越しをすることがありますが、これが海外赴任になった場合、それに伴い外国へと引っ越すことになります。
その直後は、何かと苦労する事も多いのではないでしょうか。
ですから、当然と言えば当然ですよね。
(汗)そんなことで、引っ越し直後になるべく不便に感じない様な準備をすることが大切です。
海外赴任の時の重要事項と言えますね。
日々の暮らしで重要な事と言うと、食事があります。
これに関しては、こだわりさえなければそれ程は大きなトラブルにはならないと思います。
ですから、日本の食料品を送ってもらうことも出来ます。
(笑顔)その一方で、意外とストレスとなりやすいことがあります。
掃除をする時に、使いやすい道具がないとか。
メガネをうっかり壊してしまった、しかし、予備がないとか。
あとは、サイズに合う服がないとか。
更には、病気になったけれど、現地の薬を購入するのに不安がある等といったことがあります。
(汗)日本では当たり前に行っていたことだったのに、海外ではできないという事ですね。
そんなことが結構ありますよね。
こういったストレスを軽減するのに、あらかじめ日本で使用していた日用品、衣類、医療品等を持ち込むのがベストですね。
あまりかさばらない物の中には、以下のものがあります。
「医療品全般」「メガネやコンタクトレンズの予備」「ぞうきんとほうき」「洗濯ばさみ」「衣類全般」これらのものを持ち込んでも問題ありませんよ。
特に下着、タオルなどといったものは、多少多めに準備しておいた方が良いですね。
(笑顔)