メンタルケアヘルス・マネジメント資格取得方法とは?

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、職場内での役割に応じて必要となるメンタルヘルスケアに関する知識や技術、態度を習得するために設定された試験です。
厚生労働省が策定している「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づいた内容で、1種(マスターコース)2種(ラインケアコース)3種(セルフケアコース)の3つに分類されています。
特に3種のセルフケアコースは全社員が対象となる受験コースですので、社員教育一環として試験を取り入れる企業なども出ています。
このメンタルヘルス・マネジメント資格は大阪商工会議所が主催しており、一年に一度全国主要都市で試験を受けることができます。